香典返しや法要・法事のお返しが割引価格で送料無料。大量注文は特典も満載!

香典返しのマナーガイド

香典返しのマナーのまとめ

香典返しのお役立ちガイド

満中陰志とは? 品物やお礼状、しきたりについて

投稿日:2017年6月23日 更新日:


満中陰志とは、49日法要の香典返しと同じ意味で、主に西日本を中心に使われる言葉です。
ここでは、満中陰志についての基本的な知識、お礼のマナーや挨拶状(お礼状)や熨斗(のし)、先様に贈る品物などについて解説します。

満中陰志の意味

中陰とは?

仏教では、人が亡くなってから49日の間を中陰と呼びます。この中陰の期間中、亡くなった人の魂は、七日ごとに六道(天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道の6つ)をわたり歩き、最後の49日目に閻魔大王によって、どの世界に生まれ変わるかが決まるといわれていました。

遺族がこの期間に行う供養を中陰供養、または中陰法要といいます。
七七日(なななのか)にあたる49日は忌明けの日であり、中陰が満ちるので、満中陰といいます。

そして、満中陰志とは、忌明けの日を迎えたとき行う香典返しのことを指します。
志には、謝意を表す意味があり、「お陰さまで無事に満中陰志を迎えることができました」という感謝の気持ちが込められています。

なお、満中陰という言葉は49日と同じ意味なので、一周忌以降の法事では使いませんので注意しましょう。

品物に挨拶状(お礼状)を添えて

一般的に、満中陰志は満中陰法要を終えたあと、参列者や香典をいただいた方に、無事に忌明けを終えましたというご報告と、いただいた香典に対して、お礼の品物に挨拶状(お礼状)を添えて送ります

挨拶状の書き方には一定の書式があり、仏式、神式、キリスト教式など、宗教や宗派によって書き方が異なります。

満中陰志の挨拶状は、「謹啓」「謹白」といった頭語・結語を使い、仏式の書式を用いるのが一般的です。

挨拶状は、お届け先ことに挨拶状を作成し、商品と一緒に送ってくれる専門店のサービスを活用するとよいでしょう。

熨斗(のし)について

満中陰志の熨斗(のし)には、水引は満中陰志用の黄白の結び切りを用い、表書きには満中陰志と書きます。のしや包装紙も、専門店のサービスを利用すると便利です。

満中陰志の金額と品物の目安

 金額について

満中陰志はいただいた香典の「半返し」が基本です。例えば、いただいた香典の金額が1万円なら、5千円程度の品物を選びます。

葬儀の日に即返しをしている場合は、その金額を差し引いて半返しとなるように選ぶとよいでしょう。例えば、即日返しで2千円の品物を選んでいたなら、3千円程度の品物を満中陰志として選ぶようにします。

香典の金額は人によってさまざまですので、半返しとなるように、異なる値段のものをいくつか選んでおくとよいでしょう。

満中陰志によく選ばれている品物

満中陰志としてお贈りする品物は、形が残らず、消えてなくなるものが一般的です。

満中陰志によく選ばれている品物としては、お茶、海苔、お菓子などの食品や、タオル、シーツ、石けん、洗剤などがあります。また、会葬御礼でハンカチやタオルなどの繊維製品を選んでいる場合は、同じものを避けて食品などを選ぶようにするとよいでしょう。

なお満中陰志に向かない品物としては、「四つ足生臭もの」といれる、肉や魚などの生ものや、祝いで使われるお酒があります。ただし、魚については、燻製や焼いたものなど、加工してあればOKでしょう。

香典返しの専門店では、カステラと緑茶の詰合せや味付け海苔とお茶・お吸い物のセット、北海道鮭三昧(焼き鮭切り身)など、さまざまな食品の詰め合わせなども扱っています。先様の年齢層や家族構成に合わせて選んでみてはいかがでしょう。

まとめ

・満中陰志とは、49日法要を終えた後に行う香典返しのこと
・満中陰志の金額はいただいた香典の「半返し」が基本
・満中陰志の品物は、形が残らず消えてなくなるものがよい

アドセンス336×280

-香典返しのお役立ちガイド

Copyright© 香典返しのマナーガイド , 2018 All Rights Reserved.