香典返しや法要・法事のお返しが割引価格で送料無料。大量注文は特典も満載!

香典返し・法事・法要のマナーガイド

香典返しのマナーのまとめ

香典返しのお役立ちガイド

四十九日のお返し 相場や品物の渡し方はどうすればいい?

更新日:


四十九日法要のお返しは「引出物」といいます。地域によって異なりますが、四十九日法要でも参列者にお返しをすることが多いようです。
ここでは、四十九日法要に引出物をお渡しする際の基本的なマナーなどについて紹介します。

四十九日のお返しは法要への参列とお供え・御霊前のお礼

仏教では一般的に、人は亡くなって49日目まで「霊」として存在し、49日目に成仏するとされています。その間、7日ごとに7回の追善法要を営み、故人が成仏できるように祈ります。

7回目の追善法要が四十九日法要で、それ以前の法要は簡素化しても四十九日法要は親戚や友人、知人を招いて営むことが多いようです。

四十九日法要の参列者は、「御供(ごくう)」や「御供物(おくもつ)」として品物を持参されたり、「御香典」や「御霊前」「御仏前」「御供物料」としてお金を包んで来られます。

これに対して喪主家は、法要に参列いただいたこととお供え物や御香典をいただいたことへのお礼として、「引出物」をお渡しします

カタログギフト

四十九日法要の引出物の相場も半返しが目安

引出物は3000円から5000円の品物が一般的

香典返しは香典の3分の1返しや半分返しを目安にしますが、四十九日法要の引出物の場合は事前に用意しないといけませんので、法事・法要時の相場を参考にします。

地域差はありますが、四十九日法要で親戚の方からいただく御香典は1人1万円程度(会食なし)が相場とされています。そのため、3分の1返しの場合は3000円、半分返しの場合は5000円の品物を用意するケースが一般的といえます

引出物と会食との兼ね合いで予算を決めることもある

法要のあとは会食の場を設けることが多く、会食をしないときでも代わりに折詰弁当とお酒をお渡しすることも多々あります。

この場合は、参列者からいただく御香典も多めになります。2万円の御香典に対して5000円の引出物と5000円相当の会食を用意すると、合計で1万円のお返しとなり、半返しとなります。

ただ、引出物と会食で「全返し」をしきたりとしている地域もあります。香典返しと同じように四十九日法要の引出物も地域の風習に左右されることが多いので、事前に確認しておきましょう。

参考:オールカラー 困ったときにすぐひける マナー大事典(現代マナー・作法の会 西東社) 201ページ

香典返しの人気ギフトが送料無料

引出物を渡す時期と渡し方は?

法要の参列者に直接お渡しする

四十九日法要の引出物は、法要の当日に参列者に直接お渡しします。

参列者は個人で来られる方や夫婦で来られる方などさまざまですが、たとえば夫婦で参列する場合は御香典も2人分の金額を包むことが多いので、それに見合った品物を2つ用意しておきます。

また、読経いただいた僧侶にも引出物をお渡しします。

法要の案内状を送った方の中には、法要は欠席しても御霊前を送ってくださる方もおられます。この場合は後日にお礼状を添えて品物を送るとよいでしょう。

法要または会食のあとにお渡しする

会食をしない場合は法要後に渡し、会食をする場合はお開きの前にそれぞれの席に持参します。

その際、「本日はありがとうございました。お荷物になりますがお持ち帰りください」など、声をかけながら置いていきます。

僧侶が会食に参列されているときは、最初に配ります。参列者が多いときは会食中に配るとかえって迷惑になる場合もあるので、あらかじめ各席に置いておきましょう

なお、法要のときにお供え物としてお菓子をいただくことがあります。分けられるものであれば、引出物と一緒に配ることも多いようです。

参考:親の葬儀とその後事典(黒澤計男、溝口博敬 法研) 154ページ

挨拶状の無料作成サービス

まとめ

・四十九日法要では参列とお供え物や香典のお礼に引出物を贈る
・引出物の金額は、いただく金額3分の1返しや半分返しが目安
・四十九日法要の引出物は、地域によって風習が異なるので事前に確認を
・引出物は法要の当日に参列者に直接配る

アドセンス336×280

-香典返しのお役立ちガイド
-, , , ,

Copyright© 香典返し・法事・法要のマナーガイド , 2022 All Rights Reserved.