弔事・香典返しの豆知識

喪中はがきの意味は?

そもそも、喪中はがきとは、「近親者に不幸があり、新年の年賀の挨拶を控えさせていただきます」という意味合いのお知らせです。

では、喪中はがきの「喪中」とはなんぞや?ということになりますが、喪中とは「死者を偲ぶ期間」であるとされ、昔は法律で決められていました。

喪中の規定に関する法律は奈良時代の「養老律令」(ようりょうりつりょう)にはすでに見られ、江戸時代の「服忌令」(ぶっきょうりょう)という法律では喪中の規定がはっきり定められており、これによると父母の喪は12~13カ月と制定されました。現在では、通常喪中はがきは、11月から12月の中旬には出すようにします。

なお、当店では、香典のお返しを10万円以上ご注文頂いたお客様に、喪中はがきを無料で作成しています。なお、その場合は枚数の上限に制限がございます。

また、PDFファイルでのご提供も無料で行っております。その場合は、ご自宅のプリンターでお好きなだけ印刷が可能です。

詳しくはこちら >>>

喪中はがきの意味は?

香典返しの品を全国送料無料
香典返しe-shop 口コミ・レビュー
お届け先が複数でもエクセルで楽々注文!
大口(10万円以上)ご注文のお客様へ
期間限定 3万円以上ご注文のお客様へ
▲銀行振込のお客様に朗報!
選べるご注文方法

エクセルでご注文

エクセルでご注文

エクセルで簡単に入力できます。複数お届け先がある場合に最適。(最高500件)

買い物かごでご注文

買い物かごでご注文

このショップ上で安心してお買い物が可能です。

FAXでご注文

FAXでご注文

FAX専用ご注文シートを印刷して、手書きで記入できます。複数お届け先がある場合に最適。

お電話でご注文

お電話でご注文

ご相談のみでもお気軽にお電話ください。

「香典返し」の疑問
お届け確認サービス

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ