弔事・香典返しの豆知識

香典返しは、お礼の電話をしないのがマナー

忌が明けると、忌明けのご報告も兼ねて通夜のときやお葬式の時に頂いた香典やお供え物に対して「香典返し」をするのがマナーです。読んで字のごとく、香典に対するお返しです。
相場は、おおむね頂いた香典の金額の半額程でご予算をくまれる方が多いようです(半返しといいます)。

現在は、お葬式の時その場で香典返しを済ませる当日返し(即日返し)も増えてきており、その関係で喪主様がお返しはなるべく早く返さなければならないと誤解される場合もあります。
お仕事の都合などで早く返す場合もありますが、一般的には忌明け(四十九日)後にお返しした方がよいでしょう。

また、商品のお届けは、ほとんど宅配便で済ませます。どうしてもお礼の言葉を添えて手渡ししなければならないようなお付き合いの方がいらっしゃる場合などは、臨機応変に対応されることをおすすめします。

香典のお返しの品として、洗い流せるよう「石けん」がよいとか、地域によれば、何度もでないように「安いお茶」??が良いなど、色々ないわれがありますが、現在ではあまりそういったものにとらわれず、贈って喜んでもらえる品を考えるべきだと思います。

またお返しを頂いた方は、お礼の電話をしないのがマナーです。一方、贈った方はお礼の電話がなくて心配な場合は、発送を依頼したショップからの送り状番号で配達状況を確認します。

なお、当店ではお客様の代わりに、送った商品の全てを配達が完了したかどうかチェックし、その結果をお客様にご報告するサービスを行っており、ご満足いただいております。
香典返しは、お礼の電話をしないのがマナー

香典返しの品を全国送料無料
香典返しe-shop 口コミ・レビュー
お届け先が複数でもエクセルで楽々注文!
大口(10万円以上)ご注文のお客様へ
期間限定 3万円以上ご注文のお客様へ
▲銀行振込のお客様に朗報!
選べるご注文方法

エクセルでご注文

エクセルでご注文

エクセルで簡単に入力できます。複数お届け先がある場合に最適。(最高500件)

買い物かごでご注文

買い物かごでご注文

このショップ上で安心してお買い物が可能です。

FAXでご注文

FAXでご注文

FAX専用ご注文シートを印刷して、手書きで記入できます。複数お届け先がある場合に最適。

お電話でご注文

お電話でご注文

ご相談のみでもお気軽にお電話ください。

「香典返し」の疑問
お届け確認サービス

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ