香典返しや法要・法事のお返しが割引価格で送料無料。大量注文は特典も満載!

香典返し・法事・法要のマナーガイド

香典返しのマナーのまとめ

香典返しのお役立ちガイド

香典返し 会社や職場の同僚へのお返しはどうすべき?

更新日:

会社からお香典をいただいた場合のお返し葬儀の際、会社や職場の同僚から香典をいただくことがあります。会社への香典返しは、いただいた相手によってお返しの方法が異なることがあります。
ここでは、それぞれのケースごとの香典返しの方法についてご紹介します。

会社の就業規則に慶弔規定がある場合

まず、会社から香典をいただいたときは香典袋の名義を見て、誰からいただいたかを確認します。

名義が「○○会社 代表取締役○○」のように会社名+社長名になっている場合は、総務部などから形式的に贈られていることがあります。

会社の就業規則で「慶弔規定」を設けている会社では、社員の身内に不幸があった場合はその規定に基づいて香典を出します。

この場合、香典は経費から賄われるため、香典返しは不要とされているケースが多いでしょう。

また、会社からの供花や弔電についても同様で、お返しの必要はないでしょう。

会社の慣習がよく分からない場合は、総務部の担当者などに確認しておくと安心です。

慶弔規定に基づいて支払われる香典は、福利厚生費として扱われます。

参考:親の葬儀とその後事典 : 葬儀法要・相続・手続きのすべて(黒澤計男、溝口博敬 法研) 85ページ

カタログギフト

会社の就業規則に慶弔規定がない場合

慶弔規定がない場合のお返し
会社の就業規則に慶弔規定がない会社で、社長個人の意志で香典を出したと考えられるケースでは、通常どおり香典のお返しをしておくのがよいでしょう

また、葬儀に参列いただいた場合はそのお礼と、香典をいただいたお礼を兼ねて、香典返しの品物を持って挨拶をするのが望ましいです。また、仕事を休んだことで迷惑をかけた場合には、そのお詫びもします。

香典返しの人気ギフトが送料無料

会社の上司や同僚、取引先などから個人名で香典をいただいた場合

会社関係であっても上司や同僚、取引先などから、個人名で香典をいただいた場合は通常と同じように半分を目安に香典返しをします

香典返しの品物を持って葬儀への参列や香典のお礼とともに、忌引き休暇のお詫びをするとよいでしょう。

社内で香典返しの品物を手渡しする場合は、先に部長、次に課長というように役職順にお渡しします。早めに出勤して勤務時間前に渡しておくとスムーズです。

挨拶状の無料作成サービス

会社の方への香典返しはいつ渡す?

香典返しは、49日が明けた忌明け後にお贈りするのが、本来のマナーです。

しかし、上記のように、普段から社長や上司と顔を合わせる職場であれば、忌引き後に出社した際にお詫びとともにお渡ししても問題ありません

もし香典返しを会社で手渡ししない場合は、四十九日法要が終わった後に宅配便などで品物を送ります。その場合は、品物に挨拶状を添えて送るようにします。

香典返し 言葉
香典返し、手渡すときや受け取るときのお礼の言葉・言い方は?

香典返しを直接手渡しするときや香典返しをもらうとき、何と言えばいいのか ...

続きを見る

職場一同・有志・連名の場合はお菓子がおすすめ

職場へのお返しに個包装のお菓子
会社や職場の方から、個人名ではなく「○○部一同」や「○○部有志」「連名」などで香典をいただくことがあります。

このケースでは1人ひとりの香典は少額の場合が多いものです。1人あたり1000円~3000円といった少額の場合には、お返しは必要ないという考え方もあります

しかし、自身が休みを取ったことで迷惑をかけていることもありますから、そのお詫びとお礼の気持ちを込めて、忌引き後にみんなで食べられる個包装のお菓子などをお渡しするとよいでしょう

会社や職場の方から、1人あたり3000円の香典をいただいたケースであれば、香典返しの専門店なら1000円前後の品物も販売されていますので、そういった品物を選べば半返しとなります

また、葬儀の際に会社の方が受付や駐車場の誘導などを手伝ってくださることもあります。この場合は、「御礼」または「志」の表書きで、2000円~5000円くらいの品物か現金を添えてお礼の気持ちを伝えるとよいでしょう。

参考:クロワッサン特別編集 大切な人を亡くしたあとの手続き(マガジンハウス) 22ページ

香典返しの定番ギフト

会社の方に香典返しを渡す際の挨拶の例

会社の方への香典返しの挨拶
忌引き後に、会社の上司などに香典返しをお持ちして挨拶する場合は、次のような内容を盛り込むとよいでしょう。

・葬儀への参列や香典をいただいたことのお礼
・休みをいただいたことへのお詫び
・今日から仕事に復帰すること
・香典返しを持参したこと

これらをもとにした挨拶の例としては、以下のようになります。

「葬儀の際にはお心遣いをいただき、ありがとうございました。
お陰様で無事葬儀を終えることができました。
休み中はご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。
本日から業務に戻らせていただきますので、よろしくお願いいたします。
ささやかですが、供養のしるしをお持ちしました。」

また、普段から業務上、社内メールでやりとりをする会社で、忌引き後に顔を合わすタイミングがなければ、メールでお礼の言葉を述べてもよいでしょう。
メールで香典のお礼を述べる場合の注意点や例文は、以下をご参照ください。

参考:新版 葬儀・法要のあいさつ すぐに使える実例付き(藤村英和 西東社) 79ページ

多数の方々へのお返しは香典返し専門店を利用すると便利

会社や職場の多数の方にお返しする必要がある場合は、ネット経由やエクセルファイル、ファックスなどで、大量注文が簡単に行える香典返しの専門店のサービスを利用すると便利です。

エクセルが使える方で、お届け先住所のリストがあればコピー&ペーストで簡単に手配が可能です。
また、手書きがよければ、注文用紙に手書きで記入して注文用紙をファックスで送信する方法もあります。

香典返しの専門店であれば、挨拶状や包装紙などもきめ細かく対応してもらえて、香典返しの注文に関する手間が大幅に省略できるのでおすすめです。

まとめ

・会社の就業規則で慶弔規定がある場合は香典返しをしなくてもよいケースがある。
・社長名や個人名義で香典をいただいたら、半返しの香典返しをする。
・忌引き後に出社した際に、香典返しの品物を持ってお礼とおわびを兼ねて挨拶をする。
・少額で連名の香典には、皆で分けられるお菓子がおすすめ。
・大量注文の場合は、香典返しの専門店のサービスを利用すると便利。

アドセンス336×280

-香典返しのお役立ちガイド
-, , , , , ,

Copyright© 香典返し・法事・法要のマナーガイド , 2022 All Rights Reserved.